自己分析のやり方

自己分析,やり方

自己分析というと、新卒で就職活動をしていた頃を思い出す方も多いのではないでしょうか。新卒のイメージが強い自己分析ですが、転職活動においても効果を発揮します。新卒時の自己分析よりも、さらに掘り下げて行うことで、転職活動の成功につなげることができますよ。

 

自分を分析するということは、自分の性格を知ることにつながります。自分の性格を知ることで、面接などのアピールポイントを再発見することもできます。

 

自己分析のやり方

そんな自己分析の方法は大きく、『インターネットを活用』『書籍を活用』『自らに問いかける』に分けることができます。それぞれ、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

インターネットを活用し、気軽に自己分析を行う

 

インターネット上には、さまざまな自己分析サイトが点在しています。適職をメインに分析できるものから、仕事上に活かせる性格の分析まで、インターネット上だけでも色々な角度から自分を知ることができます。

 

もちろん、転職に特化した自己分析サイトもあります。転職サイトで自己分析を行うと、自分に合った求人を自動検索してくれるというサービスも普及しています。

 

 

書籍を活用して、より詳細に分析をする

 

自己分析を専門に扱う書籍を活用すれば、より詳細に自己分析を行うことができます。

 

インターネット上の分析でも参考になる結果を得られますが、やはりインターネットという性質上、客観的過ぎる結果になってしまう傾向があります。

 

少し時間はかかってしまいますが、書籍を活用することで、より自分を知ることができ、転職活動を優位に進めていくことができます。

 

 

自ら問いかける分析で、自分の性格を再発見

 

自分の人生を振り返ることも、自己分析では大切です。人生のなかで、評価された事柄や、成功した経験は、自分の才能のヒントとして分析することができます。

 

また、今まで失敗しがちだった部分を改めて思い返すことで、自分の欠点を見出すこともできます。インターネットや書籍は大衆向けの分析である一方、自ら問いかける分析を行えば、自分自身をより細かく分析することができるのです。

 

 

 

まとめ

自己分析の方法を大きく分けると、『インターネットを活用した分析』『書籍を活用した分析』『自ら問いかける分析』に分けることができます。

 

インターネットを活用した分析は、簡単に行うことができ、最も人気を集める分析方法です。書籍を活用した分析は、インターネット以上に詳細な分析を行うことができます。

 

また、自らに問いかける分析を行うことで、過去の経験と照らし合わし、より詳細に自分を分析することができます。