おすすめの転職時期

20代,転職,最適,時期,おすすめ

20代転職において、キャリアアピールができないというのは、ネックになりがちです。そのため、「まずは資格取得から」と意気込む転職希望者も少なくありません。いつ転職面接に踏み切れば、良いのでしょうか。

 

 

異職種転職ならできるだけ早く転職すべき

 

営業職から事務職、営業職から企画職など、異職種への転職をする場合、年齢が若い時期に転職してしまったほうが、今後のキャリアアップにつながりやすいと言えます。

 

基本的に転職活動では即戦力が求められますが、20代という若さゆえに「未経験可」という求人も多々あります。

 

現在の職種に全く魅力を感じず、新たな職種に就こうとする場合、早めに転職をして仕事を覚えることで、今後の自分自身のキャリアにもつながってくるのです。

 

 

 

20代の転職は、思い立ったら即行動した方がよい

 

「転職活動で求められるのは即戦力だから、ある程度の業務経験が必要」「違う職種に転職をするのなら、資格を取得して即戦力であることをアピールする」という考え方は一般的です。

 

しかし20代の中途採用は知識・経験のほか、年齢・性格といった部分も選考基準の中に含まれます。また世の中には様々な企業が存在するように、様々な状況の企業が存在します。もしかしたら、「未経験可」の求人と巡り合えるかもしれません。

 

転職する前にアピールできる実績や経験、資格を取得することも大切ですが、それと並行して「面接参加」「求人検索」などにも力を入れることが大切です。

 

 

 

転職活動は1月~3月が狙い目

退職者が多く出る時期は3月です。これは大半の企業に当てはまります。そして、退職した人材を3月までには埋め合わせて4月から新たなスタートを切りたいのです。
特に、新卒採用を行っている企業の場合、4月に新入社員が入社してくるので、中途採用もそれまでに終えたい傾向があります。そのため、概ね1月から3月あたりは、中途採用活動が積極的に行われる傾向があります。

 

 

まとめ

「転職したいという気持ちを抱いたら、何らかの行動を取る」ということは、とても重要なことです。

 

中途求人は入れ替わりが激しく、「1人のみ募集」と言う求人もたくさんあります。資格勉強などアピールポイントを磨くことも大切ですが、良い求人を逃さないために、定期的に求人を確認するなどの作業も大切です。「未経験可」の求人と出会えるかもしれません。

 

また、多くの企業は、3月に退社する人が多く、4月に新入社員が入社します。そのため、3月までに人材の埋め合わせをしたいのです。そのため、1月から3月は、採用されやすい傾向にあります。