転職活動で内定が出た後の返答期間や回答猶予はどれくらいか?

転職,.内定,返答,期間,猶予

第一希望でない会社から、内定をもらった場合、返答期限を設けてもらうことも多いのではないでしょうか。

 

この返答期限について、どのくらいの内に返答をすれば、悪印象を与えなくて済むのでしょうか。

 

 

内定の返答は1週間以内が目安

転職活動で内定がでたら、1週間以内に返答してもらいたいのが、採用企業側の本音です。内定後に、入社するか否かを保留にする場合でも、できる限り迅速な対応を心掛けましょう。

 

もちろん、内定の返答に時間をほしい旨を相談することもできます。しかし、採用する企業側の事情・本音は知っておく方がよいでしょう。

 

内定を与えてしまうと、その枠の採用を締め切らなければいけません。1人しか採用枠がない場合、採用活動自体を辞めなければいけないのです。

 

仮に内定通知を出した人が入社しなかった場合、企業側はこの空白時間を埋めることができなくなってしまいます。返答に1週間を超えてしまう場合には、あなた自身イメージ悪化にもつながってしまい、入社後に心地良く仕事ができなくなってしまう可能性もあります。

 

 

 

内定の返答まで猶予が欲しい場合は、必ず相談する

 

転職する会社は、今後の人生に大きな影響を与えます。少しでも良い条件の会社に入りたいものです。そのため、第一希望でない会社から内定をもらった場合は、考えてしまいますよね。

 

内定後の返答期限が、1週間を超えてしまう場合、できるだけ正確な期間を採用担当者に伝えてみましょう。

 

採用担当者は、その様な状況をたくさん経験している、よき理解者です。あなたの希望を聞いてくれる可能性も大いにありますよ。

 

 

 

返答期限を縮めるためにも、スケジュールの把握を

 

内定後、すぐに答えが出せないことは、仕方のないことです。しかし、その返答期限をできるだけ縮められるようにしておきましょう。答えを待ってもらった会社に入社することになった場合、やはりスマートな対応をしていた方が、印象良く迎えてもらえます。

 

面接を受けた会社から、合否連絡が来る日時を、把握しておくことが大切です。多くの面接では、採用担当者から連絡日時を伝えられます。また、自分で聞いておくことも大切です。

 

 

まとめ

 

内定後に猶予を設けてもらう場合、長くても1週間以内に返事を伝えられれば、印象を悪くすることはありません。どうしても、1週間を超えてしまう場合には、その旨を採用担当者に伝えておくことが大切です。

 

どの会社から、いつ頃に、合否連絡が届くのかを把握しておけば、内定後の猶予期間を縮めることができますよ。