転職活動は必ず在職中にすべき理由

転職,活動,在職

転職活動は、在職中に進めてください。転職活動に専念したいがために、辞職してから転職活動を進める人がいます。しかし多くの場合、「在職中に転職活動をすべきだった」という声を聞くことができます。

 

なぜ、在職中に転職活動をすべきなのでしょうか。一度辞めてから、進めてはいけないのでしょうか。その理由を説明しましょう。

 

 

転職先が何ヶ月も決まらないこともある

「いざ転職活動を!」といっても、すぐに転職先が決まることは稀です。一般的に、転職活動には数ヶ月程度の期間を要してしまいます。転職先企業が決まるまでに6ヶ月以上かかってしまうことも珍しくありません。

 

退職してから転職活動を進めていると、収入がないことによって金銭的な不安やストレスがでてきます。それに加え、不採用が連続してしまうと、相当のストレスがかかってしまうものです。

 

よりよい職場を探すために転職活動をはじめたにもかかわらず、職に就くことが目的に変わり、結果として納得のいく転職を実現できなくなってしまうことは、事実発生しています。

 

 

 

無職期間・ブランクは懸念される

人事担当者は、無職期間つまりブランクを懸念する傾向にあります。特に現在進行形のブランクはなおさらです。

 

転職活動のために退職したのだとしても、ブランクだと捉える人事担当者は多いものです。前職で使いものにならず退職に追い込まれた人間かどうか判断がつかないのです。

 

多くの場合、『転職活動のために仕事を辞めた人』よりも『現職を続けながら転職活動を進める人』の方が評価されます。

 

また、転職活動のために仕事を辞めている場合、「人間関係トラブルでもあったのかな」とネガティブな印象を持たれてしまうこともありあるので注意が必要です。

 

 

転職活動を進めるなかで、現職の良さを再認識することがある

 

「転職活動を進めてみたけれど、やっぱり今いる会社がいいよ」なんて意見をよく聞くことがあります。やはり「隣の芝生は青い」というものなのでしょう。

 

実際に内定をもらっても辞退をして、現職を続ける人がたくさんいるのです。辞職後に就職活動を進めてしまっては、元の会社に戻ることができません。また、転職したとしても、後悔を感じてしまうことでしょう。

 

 

 

転職活動は必ず在職中にすべき理由まとめ

辞職後に転職活動を進めて、不採用が続いてしまう場合、「不採用の連続+無収入」というストレスの要因になってしまいます。

 

また、辞職後の転職希望者は、人事担当者から不安がられるものです(ブランク期間と捉えられることもある)。転職活動中に「やっぱり今の会社がいい」という気持ちになることも珍しくありませんから、在職中に転職活動を進めてみることを推奨します。