転職活動は誰にも内緒でするべき理由

転職,活動,内緒

転職活動をしていることは、内緒にしておきましょう。特に、会社内で内緒にしていないと、大きな迷惑をかけることになってしまいます。

 

 

転職せずに、今の仕事を続ける可能性もある

 

転職活動を続けたものの、現職に留まる人が多くいます。「自分は絶対に転職をする」と意気込んでいたとしても、現職に留まる可能性を捨ててはいけません。いい転職先が見つからないこともありますし、現職のよさを再認識することもあります。

 

同僚などに「転職をするかもしれない」ということを話しておいて、実際は現職に留まった場合、職場内の雰囲気が悪くなってしまう可能性があります。

 

また、会社というものは狭いものです。転職活動をしていることが、瞬く間に上司に知られてしまうこともあるのです。

 

 

迷惑を少しでも軽減させる意識が大切

 

職場にとって、社員は重要な人材であることでしょう。特に中小企業である場合、一人が辞めると同僚の仕事の負担が増えますし、大きく経営が傾いてしまう場合もあります。

 

つまり、社員一人が辞めるということは、それだけ不安な状況に陥ってしまうということです。

 

もちろん、「転職をするな」と言うわけではありません。自分自身のことを第一に考えるべきです。

 

しかし、できるだけ迷惑を軽減させるためにも、転職先が確定するまでは辞職することを伝えないようにするという心がけが必要です。

 

 

相談機関を上手く活用しよう

転職活動は孤独です。不採用の通知を連続でもらうと弱気になり、孤独さが増します。転職について相談をしたくなる状況もあるでしょう。

 

地元の友達とは仕事の相談はできない、同僚には内緒にしているから相談できない…そんなときに利用したいのが『転職エージェント』です。

 

あまり知られていませんが、人材紹介会社では転職の相談にのってくれる窓口が用意されています。会社を紹介してくれるだけではないんです。

 

メールや電話で気軽に『転職のプロ』から助言を受けることができますし、より詳細な相談をしたい場合でも多くは無料で直接話をすることができます。

 

 

まとめ

 

会社は退職にシビアです。社員一人に辞めてもらうだけで、大きく経営が傾いてしまうことがあります。そのため、『辞職』という重大なことは、確実に辞職することが決まってから伝えるようにしましょう。

 

また、同僚同士の会話も注意が必要です。転職すると言ってしなかったのでは職場の雰囲気も悪くなりがちですし、何かの拍子から上司に「転職を考えていること」が伝わってしまうこともあります。

 

転職について相談をしたいときには、転職エージェントなどを利用してみましょう。自分の気持ちや悩みを、転職のプロに相談することができます。上手く活用していきましょう。