転職で年収が上がる人の特徴

転職,年収,上がる,特徴

せっかく転職をするのなら、年収も上げたいものですね。しかし、転職をしたからといって、必ず年収が上がるとは限りません。どのような人が、年収を上げることができるのでしょうか。

 

 

即戦力として活躍できる見込みがあれば、年収が上がることも

 

多くの中途求人では、即戦力が求められます。20代転職も例外ではなく、即戦力人材が重宝される傾向にあります。また、給料が高い求人ほど、即戦力が求められると言うことができます。

 

つまり、高給求人に採用されるためには、「即戦力として活躍できる」と判断されることが大切です。転職前と同職種への転職であったり、同業種での転職である場合、年収が上がる可能性が高いでしょう。

 

 

転職前の成果をアピールしよう

 

即戦力として活躍できることをアピールするためのツールの一つが、「転職前の成果」です。中途採用では、職務経歴書の内容を重視して、合否判断をすることが多々あります。

 

転職前に成果を上げていることがわかれば、転職後に活躍するイメージを湧かせることでき、評価の高い採用につながります。

 

できるだけ具体的(売上に数字を使用するなど)に、転職前の成果を記述した職務経歴書を作成することで、即戦力として評価をえることができ、年収アップにつなげることができます。

 

 

異職種でも資格取得をアピールすれば年収アップにつながる

 

異職種業種からの転職でも、資格を取得していれば、年収が上がることがあります。

 

職種業種によって必要とされる資格が変わってくるため、取得すべき資格を見極める力が必要ですが、転職先企業のニーズに合った資格を取得していれば、即戦力として評価され、給料増加へつなげることができます。

 

異職種業種へ転職を希望するのなら、その職種業種に求められる資格を取得しておきましょう。その業界に対する意欲のアピールにもなりますよ。

 

 

まとめ

 

中途採用では、即戦力が求められます。年収の高い求人に採用されるには、即戦力として活躍できると判断されることが大切です。職務経歴書では、現職での成果をアピールすることができるため、作成を怠らないようにしましょう。

 

異職種業種へ転職する場合は、「未経験者」と捉えられ、給料が下がりがちです。しかし、資格取得などによって、即戦力アピールをすることができ、年収アップにつなげることもできます。