転職で失敗する人の特徴

転職,失敗,特徴

転職で失敗をする人が増えています。環境の変化、ストレス、後悔などが主たる例です。

 

転職をするということは、人生を大きく変えるかもしれないということです。できるだけリスクを減らして、素晴らしい社会人生活を送りたいものです。

 

 

何となく転職活動を進める

社会人生活を送っていると、忙しい毎日が続くと思われます。転職活動というものは、そんな忙しい日々のなかで、行わなければいけません。

 

現職での仕事に疲れてしまって、転職活動を曖昧に進めてしまう人が多いようです。しかし、転職というのは、人生に大きく関わることでもあります。

 

忙しいなかでも、けじめを持って、転職活動を進めていかないと、転職後に後悔をしてしまうかもしれません。

 

 

転職の希望条件が多すぎる

転職希望条件が多いということは、希望先が明確である一方で、視野が狭いため良い会社と巡りあう可能性が低くなるともいえます。

 

自分なりに条件を決めて、転職活動に挑む人が多いようです。「月給○○万円以上」「残業○時間以下」「ボーナスあり」などが主な例です。この条件は確かに大切です。

 

しかし、この条件に縛られすぎてしまうと、良い会社と出会う可能性を低くなる点には注意してください。給料が多少低くても、職場環境がとても良い会社もたくさんあります。

 

働きやすい環境になり、モチベーションが上がり、成果を出して、転職先でどんどん昇格して年収がアップしている方もたくさんいます。

 

「この会社良さそう」と思ったら、条件を満たしていなくても、アプローチをしてみることが大切です。少し視野を広げることで、良い会社と巡りあう可能性を高めることができます

 

 

転職以外の選択肢があるかもしれない

 

「転職以外にも道がある」ということを忘れてはいけません。転職をする理由が、現職に留まっていても解決できるのなら、転職をしない方が良い場合もあります

 

例えば「給料を上げたい」と思ったとします。もしかしたら、現職で信頼を得ることで、昇給を得ることができるかもしれません。資格を取得することで、資格手当がでる会社もあります。

 

不動産業界であれば宅建士は評価されますし、中小企業診断士であればどの業界にいても評価されます。

 

転職をするということは、環境がガラリと変わってしまうということです。それが悪い方向(ストレスなど)に進んでしまうことがあるということも、心に留めておかなければいけません。

 

 

まとめ

転職は、人生を変えるかもしれない重要なことです。現職の疲れのせいで、転職活動を曖昧に進めてしまうと、後悔をしてしまうかもしれません。

 

また、視野を広げることで、良い会社と巡りあう可能性が高くなります。給料などが条件に合わなくても、少しでも興味を持つことができたら、アプローチをしてみましょう。

 

そして、転職だけが道ではないということを、心に留めておきましょう。転職以外の選択肢も案外見つかるものです。もっと簡単に、問題解決をできるかもしれませんよ。