転職エージェントの利用方法

転職,エージェント,利用方法

近年話題を集めている転職エージェント。転職に成功した多くの人が、この転職エージェントを活用しています。転職エージェントを活用することで、より好条件の求人に応募しやすくなります。また、応募者数が少ないため、採用率も高くなります。

 

そんな、転職エージェントは、どのように利用していくのでしょうか。この記事では、転職エージェントの利用方法を紹介していきます。

 

 

まずはネットで無料登録

 

『転職エージェント』と検索すると、様々なサイトにヒットすることでしょう。多く存在しすぎて悩むところですが、居住しているエリアに拠点がある転職エージェントを利用することをオススメします。

 

なぜか?

 

転職エージェントのオフィスがあるエリアは、そのエリア内の求人をたくさん扱っているからです。

 

また、相談などをするため、転職エージェントの元まで出向くこともあります。通いやすい転職エージェントを利用することは、転職エージェントを最大限に利用することにつながるのです。

 

 

転職の希望条件を提示

 

多くの場合、転職エージェントのサイトに登録すると、電話がかかってきます。この電話で転職エージェントとの面談日を決めます。

 

面談は、求人条件などを明確にするためのカウンセリング、そしてあなた自身のスキル・経験などをチェックするのが目的です。またこの際、転職においての悩みなども相談することができます。

 

もちろん、忙しい場合は面談をしないで転職エージェントを利用することができます。その場合は、電話での対話を通して、求人紹介を待つという方法が一般的です。

 

 

 

転職面談初日に求人を紹介してくれることも

 

面談において、希望する職種、給与、勤務地などあなたが希望する条件を提示します。その日のうちに、紹介できる求人が転職エージェントの元にある場合、応募をすることも可能です。

 

しかし、ほとんどの場合は、面談後日に求人を紹介されます。その場合でも数週間以内に紹介される方が多い傾向にあります。転職エージェントから、電話やメールなどがかかってくるので、対応できるようにしておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

転職エージェントを活用した転職活動は、『ネット登録→面談(忙しい場合は電話カウンセリング)→求人を紹介される→選考』という流れを経ます。

 

不採用の連続になってしまっても、何度も求人を紹介してもらうことができます。履歴書の作成を手伝ってくれることもあるので、積極的に転職エージェントを有効活用してみましょう。