転職活動の流れを把握しよう

転職,流れ

学校を卒業し数年働くと「転職したい」という考えを持つ方も多いのではないでしょうか。転職活動は流れを把握しておけば、楽に進めることができます。

 

転職活動の順序

 

学校を卒業後、多くの人が『転職』を考える傾向にあります。しかし、転職とは未知の世界。「いったい何をどうすればいいの」という悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ご安心ください。転職活動には順序があり、その通りにこなしていけば、転職活動は楽に進められます。

 

 

転職するか否かを、自分に問いかけよう

 

転職活動をする前に「転職する意味ある?」と自分に問いかけてください。「仕事を通して達成したいことがあり、現職ではできない」「将来を見越してキャリアアップしたい」などの理由が、転職をする理由であった場合、転職活動を進めるべきだと考えます。

 

現職ではできないことを転職後に行うという向上心は、社会人としては素晴らしく、転職後にも活躍すると考えられます。

 

一方、「現職の上司が嫌だ」「給料が低い」など、逃げの理由から転職活動をする場合、注意が必要です。

 

この様な悩みは転職後も生じる可能性があり、転職が解決策になる確率は低いものです。

 

反省をどう活かすかを先決に考え、現職で解決できる場合は解決した方がいいでしょう。

 

 

書類選考に備えよう

 

転職活動を始めた場合、書類選考→面接→内定、という流れが一般的です。従って、この書類選考で通ることが、採用される第一条件となります。

 

この書類選考で最も重要な項目が『職歴』『志望動機』です。中途採用の場合は即戦力が求められる傾向があります。そのため、職務経歴が重要要件になってくるのです。

 

転職後と現職との共通点を記述し、即戦力になれることをアピールしましょう。志望動機においても「転職後に何を達成したいか」「その達成をできる根拠」を記述し、即戦力であることをアピールできます。

 

 

面接に備えよう

 

書類選考を突破した場合、いよいよ面接を行います。とはいっても難しく考える必要はありません。

 

強いて言うなら、普段から思考を活性化しておくことです。その様にしておけば、思っていることをハキハキ答えられることでしょう。そのハキハキ感こそが、面接において好印象を与えます。

 

もちろん、履歴書や職務経歴書に記述した内容は覚えておき、面接との答えに因果関係をもたせましょう。

 

 

まとめ

転職活動の流れは、書類選考→面接、が一般的ですが、「なぜ転職するのか」を転職前に問いかけて見ましょう。

 

書類選考では即戦力として活躍できる根拠を『志望動機』でアピールするとともに、『職歴』に転職後との共通点を記述して置きことで、優位に進めることができます。

 

また、面接では、履歴書などとの因果関係を持たせましょう。普段から思考を活性化しておくことで、ハキハキ感を出すことができます。