転職するまでどれくらいかかる?

転職活動で悩まれるのが期間です。現職での仕事なども考えると、できるだけ早く転職活動を終えたいのはもちろんのこと、できるだけ正確な期間を知っておきたいものです。

 

実際に、どのくらいの期間を要するのでしょうか。1社に対して、どのくらいの時間がかかるのでしょうか。

 

 

転職活動は約3ヶ月間

転職活動は「書類選考→結果→面接→結果」という流れが一般的です。1社に対して書類選考から内定までの期間は、約3週間程度と言われています。

 

スムーズに内定を得られればいいのですが、その様な例はあまりなく、多数企業に対し同時進行で転職活動を進める方法が一般的です。そのため実際に、転職活動にかかる時間は、約3ヶ月程度と言われています。

 

書類選考で1週間かかる

書類選考において、履歴書や職務経歴書を郵送後、面接に進めるかの合否結果が伝わるまでに、約1週間程度を要します。

 

企業は、書類選考を経て、面接をしたいと思った人材には、出来るだけ早く(1週間以内)その旨を伝えたいと考えています。他企業に持っていかれるのを避けるためです。

 

逆に、1週間を越えても、合否結果を伝えられない状況では、多くの場合に不採用となる傾向があります。採用したい人材を、書類選考において、1週間も待たせなくないのです。

 

面接後、採用が通知されるまでも約1週間

面接を終えたら、多くの場合、採用結果を待つのみとなります。この面接後から採用結果がわかるまでの期間は、約1週間となっています。

 

面接後も書類選考後と同じく、採用したい転職希望者を1週間以上も、待たせたくないと考えています。せっかく面接まで行ったのに「他社に決まりました」という状況は避けたいのです。

 

この目安である1週間という期間は、あくまで一般的な傾向であり、企業状況によって変わってくることもあります。例えば、人材不足状態の企業の内定決定期間は早く、応募者数多数の企業の内定決定期間は遅い傾向にあります。

 

総転職期間は約3ヶ月

上述した、書類選考後1週間,面接後1週間の時間に、面接日程などの諸時間を含めることで、1社に対して内定を得るまで一般的に2週間から3週間程度の期間を要すると考えられます。

 

しかし、これは1社に対する所用期間であり、この1社が不採用となっては、また1からやり直しです。そのため、多くの転職希望者が、様々な企業に対して同時進行に転職活動を進めるのです。

 

実際に、転職活動を始め、希望会社に内定をもらい、転職活動を終えるまでに要する期間は、約3か月程度と言われています。

 

 

まとめ

転職活動は長丁場です。1社に対して「書類選考→結果→面接→結果」という段階を踏むため、おおむね約3週間程度の期間を要してしまいます。

 

書類選考合格後、面接日程が合わないなどの状況になった場合、1ヶ月以上もの期間を要してしまうことも稀ではありません。

 

これらを踏まえて、複数企業に対し転職活動を同時進行で行った場合、転職活動に要する総期間は、約3ヶ月程度と考えられています。