転職理由を上手に伝える方法

転職理由,伝える,方法

面接でよく聞かれる転職理由。何となく難しく感じてしまい、避けてしまいがちな質問ですよね。

 

しかし、そんな転職理由も、人事担当者の質問意図を知ることで、上手く伝えることができます。どのようにすれば、上手く転職理由を伝えられるのでしょうか。

 

 

転職理由を上手に伝える方法

 

不利な情報は伝えてはいけないことを覚えておこう

 

たとえば、『人間トラブル』『職場でのストレス』などが原因で転職活動を進めている場合、これらの理由は絶対に言ってはいけません。

 

多くの人事担当者は20代転職者に対して、『やる気や意欲』『潜在能力』を求めます。

 

そのため、現職でネガティブな状況に置かれており、それを助けて欲しいがために転職をする場合は、絶対にその情報を人事担当者に知られてはいけないのです。

 

そのような情報を隠してでも、『やる気や意欲』『潜在能力』をアピールしていかなければいけません。

 

 

『やる気』=長く勤める気持ち

 

転職理由で『長く勤めたいと思っていること』をアピールすることができれば、人事担当者の心を響かせることができます。そのため、『入社後のビジョン』は大切になってきます。

 

また、『入社後のビジョン』を訴えることが、『やる気』をアピールすることにつながるのです。「私は転職後にこうなりたい」という具体化した人間像を、転職理由で伝えられるようにしましょう。

 

 

潜在能力をアピールする方法とは

 

自分の考えているポジティブな要素,気持ちを正直に訴えることで、潜在能力をアピールすることができます。多くの転職者は、「気に入られよう」と必死で、転職理由が客観的になってしまいます。

 

しかし、それでは採用は程遠いと言えます。誰もが答えられるような転職理由を伝えても、評価をされることはないのです。

 

例え、人と言うことが違って不安に思っても、ポジティブな要素,気持ちであるなら、それを正直に人事担当者に伝えるようにしましょう。

 

 

まとめ

転職理由は、『やる気や意欲』『潜在能力』をアピールする視点を大切にして、伝えられるようにしましょう。

 

『やる気や意欲』は、特に「長く勤める気持ち」を訴えることで、アピールすることができます。また、『潜在能力』は、ポジティブな要素,気持ちを正直に伝えることで、最大限にアピールすることができます。