転職先の新しい職場に早く馴染むための心得

転職先,新しい,職場,馴染む,心得

入社する会社が決まれば、そこからがスタートです。新しい職場の環境に慣れるとともに、できるだけ早く受け入れられたいものですね。
転職先企業での人間関係の善し悪しが、その後の人生を左右すると言っても過言ではありませんよ。

 

 

転職先の新しい職場に早く馴染むための心得

 

一生懸命は、相手に伝わる

まず、転職後は一生懸命働きましょう。一生懸命な姿は、見る人も気持ちよく、新しい職場で受け入れられるための近道になります。

 

20代転職である場合、教わることも多いでしょう。忙しさゆえに時間が無くなり、心に余裕が持てなくなることもあります。

 

しかし、それは期待されているからなのです。採用をされた以上、企業は貴方の成長に期待しています。それに応えるためにも、一生懸命な姿を見せることが、何より大切になってきます。

 

 

前職に関する話は基本NG

前職の話は、極力控えましょう。特に、転職先企業に慣れてきたとき、ふと同僚や上司との会話で、前職での出来事を話したくなるものなのです。

 

もちろん、世間話程度に前職での出来事を話すのは構いませんが、あまり深入りはしない方がいいでしょう。

 

過去の話をしすぎると、その人の印象は悪くなってしまうものです。世間話程度、もしくは聞かれたら話す程度にしておき、どうせ話すなら現職での仕事についての話をしたいですね。

 

 

『郷に入れば郷に従え』 前職と現職の違いを受け入れよう

「前職ではこうだったのに・・・」と、前職と現職とのギャップに戸惑うこともあるでしょう。以前、「前職では社内清掃は業者に任せていたのに、転職したら毎朝自分で掃除をしなければいけなくなってしまいました」と相談を受けたことがあります。確かに、戸惑うものです。

 

しかし、貴方は給料をもらっている立場です(掃除の時間も)。会社や上司が違えば、考え方や財政状況も違ってきます。在籍した企業が少ないほど、新しい風習に戸惑うものですが、転職とはそういうものなのです。

 

転職先企業の風習にしたがって、決して愚痴を言わないようにしなければいけません。

 

 

まとめ

 

転職先企業に受け入れられる方法として最も大事なことは、『一生懸命な姿を見せる』ということでしょう。転職して2~3ケ月は覚えることが多く、大変な毎日が続きますが、一生懸命吸収しようとしている姿はとても印象がよいのです。

 

また、前職に関わる話は、深く話さない方が良いでしょう。「過去にすがっている」と思われると、円滑な人間関係を維持することは難しいですよ。会社が違えば、風習も違ってきます。転職先企業の風習に合わせていくようにしましょう。