新しい職場で仕事を教わるときの注意点

新しい,職場,仕事,教わる,注意点

年齢が若く、所属企業も少ないからこそ、新しい職場での仕事を教わり方には注意が必要です。

 

期待ゆえに覚えることがたくさんありますが、教わるときは誠意を持てるようにしたいものです。

 

 

新しい職場で仕事を教わるときの注意点

 

素直に聞き、吸収する努力が大切

転職直後の仕事は思っている以上に、大変なものです。職場環境が変わるため精神的なストレスも増えます。

 

そして、「新卒時よりも仕事を吸収しにくい」という意見も多く聞かれます。これは、前社での仕事の慣れが、転職後に邪魔をしている傾向があるです。

 

これに対しては、慣れるしかありません。20代での転職であれば仕事を教えてくれる上司・先輩に敬意を払い、素直に聞いて吸収する努力が大切です。最初は大変ですが、ある程度の時間を過ごせば、自然と身についてくるものです。

 

 

前職と似たような仕事でも、疑問点は確実に聞いておこう

 

前職と似たような仕事内容でも、取り組み方が全く異なる場合があります。

 

特に、同職種へ転職した場合、「これくらいなら聞かなくても大丈夫」と、前職と同じように進めてしまう人が多く見られます。

 

しかし、似たような仕事でも、会社によって、取り組み方が全く異なることもあるのです。仕事を教わっていくうえで、少しでも疑問点が生じたら聞く習慣を付けるようにしておきましょう。

 

 

 

「前の仕事ではこうでしたよ」は通用しない

転職先企業は、貴方に期待をして、たくさんの仕事を教えてくれることでしょう。そんななかで、前職とのギャップに戸惑うことも多いと思います。

 

「前職はこんな複雑じゃなくて楽だったよ」「ここまでする必要ある?」と言いたいところですが我慢しましょう。

 

特に、直属の上司は、貴方のために時間を割いて仕事を教えてくれます。自分の仕事を遅らせてでも、貴方のために教えてくれることもあるのです。

 

『会社が違えば、やり方が違う』のは当たり前です。前職のことを引き合いにした愚痴を、こぼさないようにしなければいけません。

 

 

まとめ

『素直に聞き吸収する努力』は、仕事を覚えるうえで最も大切なことです。

 

転職直後はわからないことだらけになりますので、『素直に吸収する努力』は特に大切になってきます。また、前職と似たような仕事は、前職と同じように進めがちです。

 

似たような仕事でも、会社が違えば取り組み方も違ってきます。少しでも疑問点が生じたら、素直に質問するように心がけましょう。

 

上司・先輩は一生懸命に仕事を教えてくれます。「前職ではこんなことしませんでしたよ」などという愚痴はこぼさないようにしなければいけません。