直接応募と転職エージェント経由の応募の違い

直接,応募,転職,エージェント,違い

転職活動を進めるにあたっての求人応募の方法は、大きく2つに分けることができます。『直接応募』と『転職エージェント経由の応募』です。

 

この2つの性質は似ているようで全く異なり、それぞれのメリットがあります。『直接応募』と『転職エージェント経由の応募』は、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

『直接応募』について

 

『直接応募』は、最も多く使われる、求人応募方法です。主に、転職サイトの中から、興味のある求人を見つけ、インターネット上で応募をするというものです。

 

一気に複数の求人に応募することができるという利点があります。志望動機や職務経歴などをテンプレートとして登録しておき、応募時にいつでも使うことができますが、全ての応募に同じ内容のものを送ると、「意欲が無い」と捉えられてしまう点に注意しましょう。

 

 

『転職エージェント経由の応募』について

転職エージェントを上手く活用することで、転職活動を優位に進めることができます。転職エージェントの利用は、ネット上で登録をし、実際にエージェントと会ってカウンセリングを受けるという流れが一般的です。

 

カウンセリングを元に、転職エージェントがあなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。面接の設定や、面接後の後押しなどを手伝ってくれます。

 

また、転職エージェントによっては、応募ごとに、あなたが作成した応募書類の確認をしてくれたり、面接練習をしてくれる場合もあります。

 

 

 

『直接応募』と『転職エージェント経由の応募』を同時進行させよう

 

『直接応募』も『転職エージェント経由の応募』も、転職活動においては重要になってきます。転職エージェントを利用しながら、自ら求人を探し応募をするのがベストです。

 

ときに悩みが生じてしまったとき、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。自ら探した求人についても、親身に相談にのってくれることでしょう。

 

 

 

まとめ

求人応募方法は大きく分けると、『直接応募』と『転職エージェント経由の応募』に分けることができます。

 

直接応募は、自分が選択した条件を元に、求人検索を行ったり、応募することができます。転職エージェントは、相談やカウンセリングを元に、その人に合った求人をダイレクトに紹介してくれます。また、面接練習などを行うこともできます。

 

『直接応募』と『転職エージェント経由の応募』を併用することで、より効率的に転職活動を進めていくことができるでしょう。