新しい職場の同僚との会話で注意すべきこと

新しい,職場,同僚,会話,注意

せっかくの転職。同僚との出会いも楽しみたいものです。できれば、学生時代の友達のような感覚で同僚と付き合いたいものですが注意が必要です。

 

お互いに社会人であることを忘れてはいけませんし、転職した場合の同僚はあなたの先輩でもあるのです。

 

 

新しい職場の同僚との会話で注意すべきこと

 

『新人』であることを忘れずに

 

同僚といえども、あなたは『後輩』であることを忘れてはいけません。お互いに20代で社会人経験が少なくても、在籍年数が数年違うだけで、その企業や仕事の知識も全く違ってくるのです。

 

確かに、転職先の同僚と仲良くなれたら嬉しいものです。仲の良い社員が職場にいるだけで、仕事への意欲も湧いてきますので、積極的に友達を作っていきたいものです。

 

しかし、仕事を通して成長し合う仲であることを忘れてはいけませんし、時には同僚から仕事を教わることがあると言うことも忘れてはいけません。

 

 

前職の自慢はダメ

新しい職場の同僚と、気軽に会話が出来る仲になったら、前職での出来事を話し合うことも多いと思われます。会話のネタにもなりやすいですし、興味本位から前職での出来事を聞かれる場面も多々あります。

 

ここで注意したいのが、「前職での自慢はしない」ということです。前職での出来事や成長したことを話すのは問題ないですが、前職での自慢をしてしまうと、関係が悪化してしまう恐れもあります。

 

自慢は人間関係を崩しやすいですし、質問してもいないのに自慢話を聞かされて良い気はしません。前職での自慢話は極力避けるようにしましょう。

 

 

 

相談はいいけど、愚痴はダメ!

愚痴が多い人は嫌われます。もちろん、同僚との人間関係においても、同じことが言えます。

 

「職場の上司への愚痴」や「給料などに対する愚痴」などを言ったところで、いい気持ちはしないでしょう。「なら辞めればいいじゃん」と思われるのが落ちです。

 

会話をするなら、出来る限り意味や意義のある会話をしたいですね。もちろん、『愚痴』と『悩み』は違います。『職場での悩み』などを話すことが出来る同僚とめぐり合えるといいですね。

 

 

まとめ

職場に仲のいい同僚がいれば、仕事がさらに楽しくなりますね。しかし、あなたは『後輩』であることを忘れてはいけません。時には、教わることもあるということを、忘れてはいけないのです。

 

同僚との会話のなかで特に気をつけたいものが、『前職の自慢』『愚痴』です。『前職の自慢』も『愚痴』も、言われて良い気はしませんし、関係を悪化させてしまう要因にもなってしまいます。
居心地のいい職場を維持するためにも、同僚との会話にも注意が必要なのです。