20代で転職する人の割合はどれくらい?

20代,転職,割合

20代で転職を考える人が多い一方、20代という若さが理由で、転職活動に踏み切れない人が多くいます。

 

確かに、転職と聞くと、ある程度キャリアを得た、30代40代がすることという考えも免れません。

 

しかし、20代という若さで、転職を考えたからこそ、今後の社会人生活に役立ててほしいのです。

 

20代で転職をする人はどの程度いるのでしょうか。どのくらいの割合の人が、20代で転職を経験しているのでしょうか。

 

20代で転職を経験する人の割合

20代で転職を経験する人の割合は、約30%~40%と言われています。メディアによりデータに多少の差が生じますが、だいたい30%~40%の水準に収まっています。

 

20代の30%~40%が転職経験者

大手転職サイト『DODA』のデータによると、25歳~29歳の転職経験者は、35.3%という結果が出ています。約3人に1人は転職を経験していることから、20代での転職は一般的な行動ということができるのではないのでしょうか。

 

このデータはDODAが「25歳~39歳の800人」を対象に行ったアンケート結果であり、メディアによって多少の差は出てきますが、どこのメディアもおおむね35%の数字が出ていることから、信憑性のあるデータと考えることができます。

 

参考DODA転職活動の実態調査

 

 

新卒3年以内離職率は約30%

 

上述データは「25歳~29歳」を対象にしたデータである一方、新卒離職率は約30%と言われています。

 

22歳で大学を卒業したと仮定した場合、30%の人々が、25歳までに新卒就職会社を辞めているということです。

 

その後の進路として、再就職する人が多いことから、20代前中半での転職者も一般的ということができます。

 

もしも「転職したいけど、こんな若さで大丈夫かな」と悩んでいるのなら、あなたの転職意欲は一般的だということを確信してください。

 

周りに、似たような境遇を経て転職活動に成功した先輩がいるのなら、話を聞いてみることも手でしょう。

 

 

まとめ

20代の転職経験者は、40%程度と考えることができます。また、新卒3年以内離職率は、約30%と言われています。

 

これらのデータを参考にすると、20代での転職は珍しいことではなく、一般的なことであるということがわかります。

 

20代という若さがネックで、転職活動を進められないでいる場合は「20代で転職した人はたくさんいる」ということを覚えておいてください。

 

あなたが抱いている転職意欲は、多くの先輩が経験したことであり、この転職意欲と正直に向き合うことで、さらなるキャリアアップにつながるのではないでしょうか。