20代で転職するデメリット

20代,転職,デメリット

20代の転職希望者が多く見られます。

 

新たな職を探すことは積極的で良いことなのですが、その一方で社会的未熟な状態での転職にはデメリットもあるのです。

 

20代転職をするうえで、代表的なデメリットとは、どのようなことなのでしょうか。

 

 

継続することで得られるものが一度リセットされる

 

『継続は力なり』という言葉があるように、物事を続けることで、得られるものがあります。それは、仕事においても同じで、「職種を長く経験」「業界に長く身を置く」「会社に長く在籍」することで、信頼感を大いに得ることができ、結果的に昇格,昇給を手にするという例も多々あります。

 

もちろん、転職において得られるものもたくさんあります。しかし長く勤めるからこそ得られるものもあるということ、転職することによりそれらが一度リセットされてしまうということを心に留めておくべきです。

 

 

 

逃げ癖がついてしまう

 

現職から逃れたくて転職をした場合、逃げ癖が付いてしまう可能性があります。今一度、「現職で抱えている問題・悩みは転職しないと解決しないのか」と、自分に問いかけてみましょう。

 

仕事をしていれば嫌なことが必ずあります。嫌な仕事、つまらない仕事、嫌な上司...どこの組織にいても必ずあるもの。そのたびに転職をしていては、逃げ癖が付いてしまいます。

 

転職回数が多い場合、人事担当者はどうしてもネガティブな感情を抱えてしまいます。『転職回数が多い=嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう』と認識されかねません。

 

 

曖昧な気持ちで転職活動を進めると後悔をする

 

「けじめをつけられないという」状況は、20代転職希望者に多い傾向があります。

 

現職の仕事を続けながら、転職活動を行うということは、とても大変なことであり、けじめが重要になってきます。現職での仕事を全うしながらも、転職活動も全うしないといけないのです。

 

考えることが多くなりすぎて、どちらにも集中できずに、「転職したけどもっと良い会社に入れたのではないか」などという後悔を感じてしまうという人も多くいるのです。

 

 

まとめ

 

20代で転職するうえで生じる代表的なデメリットとして、『継続して得られるものが得られなくなってしまう』『逃げ癖がついてしまう』『後悔をしてしまう』ということが挙げられます。

 

仕事においても継続は重要で、一つの会社に長く勤めたからこそ、得られる評価もあります。

 

また転職の動機が「人間関係トラブル」などのネガティブ要素の場合、嫌なことがあるたびに転職を繰り返すという、逃げ癖が付いてしまう恐れもあります。

 

そして、転職活動期間中というものは、忙しくなりがちです。けじめをつけずに、何となく転職活動を進めてしまい、終わってみれば「もっと良い会社に入社できた」という後悔を感じてしまうこともあります。