何回まで転職して大丈夫?

転職,何回,大丈夫

転職回数は少ない方がいいのでしょうか。転職回数が多いと不利になってしまうのでしょうか。何回まで転職していいのでしょうか。

 

少ない方が評価される風潮がある

 

『継続は力なり』と言う言葉があるとおりに、一つの組織で長く貢献してきた人と言うのは、それだけで評価を得ることができます。

 

特に、日本の多くの会社では、そのような傾向があります。そのため、転職回数はできるだけ少ない方が、好印象を与えることができます。

 

転職回数が3回を超えてしまうと、多くの人事担当者は、「採用してしまっても大丈夫かな」「トラブルを起こしやすい人なのかもしれない」「嫌なことがあったらすぐに辞めてしまう人なのかもしれない」と不安に思ってしまうものです。

 

 

20代で転職する場合は、そこまで問題にならないことも

20代という時期は、可能性に満ち溢れています。これは仕事に対しても言うことができ、少しでも可能性を広げようと、転職回数が増えてしまうことも多々あります。

 

人事担当者も、20代の特性を理解しているため、転職回数が多くても、採用されやすい傾向にあります。

 

しかし、採用するからには、長く勤めてもらいたいものです。転職回数が多い理由を、面接で聞いてくる可能性があります。そのようなときには、ポジティブな理由を伝えることで、高評価を得ることができます。

 

 

入社後のビジョンを語ることが大切

長く勤めてもらえそうな人を、採用したいものです。長く勤めてもらえるかを図る手段として、入社後のビジョンを聞く人事担当者が多くいます。

 

面接前に、「入社したらどのように貢献したいか(入社後のビジョン)」を、伝えられるようにしておきましょう。入社後のビジョンを語ることで、長く勤める意思があることをアピールすることができるのです。

 

 

まとめ

日本では、転職回数が少ない人が評価される傾向にあります。

 

しかし、20代のうちは、頻繁に転職をしてしまいがちで、人事担当者もその特性を理解しています。転職回数が多くても採用されやすいと言うことは、20代の特権でもあります。

 

とは言え、転職を繰り返してしまった反省を軸に、入社後に長く勤める意思があることをアピールすることが大切です。