日本企業の一つの象徴ともいえる終身雇用制度が崩壊し、今や転職は当たり前の時代になりました。

 

就職したけれど合わない、今の会社が嫌だ、キャリアチェンジしたい...転職の理由は十人十色です。転職に対してネガティブな考えを持つ必要はありません

 

ただし、転職が当たり前の時代になったとはいえ、ただ闇雲に転職活動をしても満足する結果には結びつくとは限りません。

 

当サイトでは、大手人材会社でキャリアコンサルタントを務めていた筆者が、転職の基本となる知識を提供しています。

 

記事を読んでいただいた方が、納得いく決断ができるような情報を提供していきたいと考えています。

 

 

転職するかを決める前に知っておきたいこと

20代,30代,転職

 

転職は想像している以上にエネルギーを使います。今の会社が嫌だから辞めたい..というネガティブな動機から転職する方であっても、お世話になった上司や先輩、仲の良い同僚や後輩はいるものです。

 

今の会社を辞めたい気持ちもあるけれど、信頼できる仲間とは離れたくない気持ちもあるわけです。その複雑な心境の中、決断をしなければならないため精神的に疲れるのです。

 

精神的負担を減らすために、まずは転職活動をする前に大まかな流れを把握しましょう。

 

転職の基礎知識

転職するかどうかはさておき、まずは転職についてしっかり理解を深めましょう。先々をイメージできているのと、イメージできていないのとでは、精神的負担が大きく違ってきます。

 

どれくらいの人が転職をしているのか、転職活動する場合はどういう流れになるのか、万が一選考を受けた企業から内定がでた場合いつ返答しなければいけないのか...

 

知っているようで知らないことばかりだと思います。これまで多くの転職希望者を支援した経験からアドバイスできるのは、まず転職に関する基本的な知識を身につけておこうということです。

 

 

 

転職活動の注意点

隣の芝生は青い。自分のものより、他人のもののほうが良く見えるということを意味することわざですが、転職活動している方はまさに隣の芝生が青くみえやすいのです。

 

転職したら激務から解放される、転職したら年収があがる、転職したらやりたいことができる...しかし残念ながら、転職で失敗をする人も多いのが実情です。

 

転職失敗とは..労働環境が悪くなった。聞いていた話と違った。と転職したことを後悔することです

 

転職の失敗を避けるため、満足のいく転職を実現するため、以下で紹介する転職活動の注意点は絶対に押さえておきましょう。

 

 

 

 

転職活動

 

20代,30代,転職

 

求人の探し方

転職先を見つけるルートは様々です。知人からの紹介、取引先から誘ってもらって、求人ナビをみて...近年はITの発展と共に多様化しています。

 

転職サイトで求人をみて応募するのが主流ですが、筆者が過去にしていたように人材紹介会社に相談をして、仲介してもらうのも一つの方法です。

 

 

 

 

書類作成・応募

転職活動をするには避けては通れないのが、応募書類の作成です。履歴書や職務経歴書が基本書類ですが、その中で脂肪動機や転職理由、自己PRなどを書く場合がほとんどです。

 

しかし、いざ書こうとすると書けそうで書けない人が多いため、書き方ややり方について紹介します。脂肪動機や転職理由、自己PRについて書く欄がない場合でも、面接で聞かれるのでしっかりと準備をしておきましょう。

 

 

 

 

転職の面接対策

転職活動は新卒の就職活動とは違い、会社説明会がない、面接の回数が少ないといった特徴があります。

 

内定をもらうために上手に自己PRすることはもちろんのことながら、短い期間で質問をして転職先について理解を深めなければならないのです。

 

もちろん求職者として選考される側ですが、本当に転職しても大丈夫かあなた自身も判断する必要もあるのです。

 

隣の芝が青く見えているだけではないか?自身が求めている環境や待遇があるかどうかなど、相互理解を深めてミスマッチを防止することが大切です。

 

 

 

 

転職活動の終盤

20代,30代,転職

 

退職と入社の注意点

転職活動をして面接を経て内定を獲得したら、いよいよ退職です。退職届を渡してバイバイ!でもかまわないのですが、出来ることなら円満退社を心掛けましょう。

 

他業界で一切の関りがなくなると思っていても、退職した数年後に取引が発生する...など、いつ何時関係ができるかわかりません。

 

また、転職したら中途とはいえ新人になります。なるべく早く転職先の会社に馴染んで、理想とする環境をつくっていくとよいでしょう。